すべての人の心に花を(5/26)

ここ数ヶ月ほど季節の移り変わりをじっくり味わったことはこれまで無かった気がする。
ウォーキングを通じて、気温や日の長さはもちろん、木や草花などの変化を感じていたからだ。

菜の花や水仙に始まり、桜、チューリップ、ハナミズキ、ツツジなどはこのブログでも紹介したが、1週間後に通るともう散ったり枯れたりしていることも。

正直なところ、桜以外はこれまでそんな変化を気に留めることもなかったのだ。

ただ、いかんせん私の木や草花の知識は非常に乏しい。

キレイなものを見つけると写真を撮ったりもするが、その名前が分からないこともしばしば。

そんなことを昨日妻に話したところ、Googleフォトに調べる機能があることを今日教えてくれた。

67C76E9A-B29A-4641-92C1-4DC5D691AE10.jpeg
写真を選択し、赤い矢印が指しているボタンを押すと、以下のように名前を調べてくれるそうだ。

F82350DA-4E05-4170-AB82-FE2AD0C75A4C.jpeg
ちょうど昨日その話をする時に話題になった写真もやってみると、この通り。

14A154D1-037B-441D-86EB-370DDD7E346E.png
妻はこの写真を見て、ポピーと教えてくれたのだが、何のことはないウィキペディアによると、「日本語のケシは英語のpoppyと同義」らしい。

こんな風に季節の移り変わりを木や草花から感じることで、かなり気分が癒されたり落ち着いたりすることを経験したので、すべての人にお勧めしたい。

この記事へのコメント