山形の魅力②(7/7)

今日は山形の繁華街でもある七日町に出かけた。 家探しをした時にお世話になった不動産屋の人から教えてもらった、山形名物冷やしラーメン発祥の店という「栄屋本店」に行くためだ。 よく調べず11時ごろに行ったら、11時半開店のようでまだ準備中。 仕方なく、これまた同じ不動産屋さんから教えてもらった近くにある喫茶店「ひまわり」で時間をつぶす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新生活スタート(7/6)

今朝で約1週間お世話になったホテルともお別れ。 休日だったので、ホテル自慢の朝食をゆっくり食べることにした。 芋煮や玉こんにゃく、だしといった郷土料理に加え、このホテルの名物はふわふわオムレツ。 そして、何と言っても山形と言えば、さくらんぼ。 佐藤錦とそれを使って作ったジャムも食べてみた。 食べ過ぎた感はあるが、どの料理も美味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形の魅力①(7/5)

山形に来てまだ数日だが、街を歩いていて気がつくのはラーメン屋の多さだ。 聞くところによると、山形は人口10万人あたりのラーメン屋の店舗数が全国1位とのこと。 また、ラーメン外食費用も1位で、これまで知らなかったがラーメン王国なのだそうだ。 実際、ラーメン好きな私みたいな人が歩いていると、ラーメン屋の看板をそこら中に見かけるので自然…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新天地の初日(7/1)

先日業務引き継ぎで山形へ来た時泊まったホテルに今週1週間もお世話になる予定だったが、あまり良くなかったので変更。 「ホテルキャッスル山形」という、30年以上続く老舗のホテルにしてみた。 11階の部屋でもあり、目の前にマンションがあることを除けば、ご覧のように山形市内を見渡すことができる。 気持ち良く、新天地初日の朝を迎えること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

いざ山形へ(6/30)

昨夜は鹿児島から一旦鎌倉の自宅に戻り、溜まっていた疲れを家族との会話で少し癒した。 これまで異動のことを直接は伝えていなかった実家の母や、地元のお父さん仲間にも連絡を入れ、夕方には明日からの勤務に備えいざ山形へ。 鹿児島への行き来ではANAばかり利用していたが、山形はJALのみ。 羽田空港ではいつもと勝手が違い戸惑ってしまった。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島の思い出④(6/29)

異動前のドタバタで最終の業務日までには全く職場の荷物の整理ができなかった。 今日は、午前中に家のほうの退去立会いなどを済ませ、その後は職場で一人荷造りをした。 毎回の異動と同じく、荷物の整理をしていると、これまでやってきたことを思い出し、時々手が止まってしまう。 これまたいつの時も同じだが、やり切れたことよりも、やり残したことのほ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島の思い出③(6/28)

今日は鹿児島での業務の最終日。 昨日は山形での引継のあと家探しをしていたら、結局自分の時間の見積もりが甘く飛行機に乗り遅れ、昨夜中に鹿児島へ戻ることができず。 おまけに今朝は新大阪から鹿児島中央行きの始発に乗ったものの、豪雨のためしばらく熊本で足止め。 なかなか思うに任せない中、明日予定していた引越しが業者の都合により今日の午後に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島の思い出②(6/26)

元から決まっていたことではあるのだが、異動が決まってからの3週間弱の間に種子島へ3回出張した。 昨夜で最後の仕事を終え、今朝のトッピーで鹿児島に戻ってきた。 鹿児島に来てから、種子島、屋久島、奄美大島、徳之島、沖永良部島、与論島と仕事で島を巡らせてもらった。 鹿児島勤務でなければ、こんなに島へ行くことはなかっただろうし、その島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鹿児島の思い出①(6/22)

会社の仲間が、お子さんも連れてきてお別れ会を開いてくれた。 何度も会っているが、うちの子たちより小さいので、会う度にこんな時もあったなぁと懐かしくなってしまう。 今夜は息子さんの希望もあり、鹿児島中央駅の観覧車に二人で乗車。 まるで親子かのように、楽しい時間を過ごさせてもらった。 そういえば、次男が鹿児島に遊びに来た時が同じ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリンピックチケット(6/20)

巷で話題になっているオリンピックチケットの当落。 せっかく地元江ノ島開催のセーリング競技を家族で観に行こうと思って申し込んだのに、ご覧のとおりの結果に。 まだ、チケットを購入するチャンスはあるので、ぜひ家族みんなで観に行きたいものだ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

1日遅れの父の日(6/17)

昨日は父の日。 せっかく自宅に戻っていたのに、子どもたちと顔を合わせても、父の日の「ち」の言葉すら出ない。 こちらから切り出すのも癪に触るので、「母の日と違ってそんなもんか…」と半ば諦めモードで鹿児島へ帰ってきた。 しかし、今夜遅くになって長女から連続でLINEが来たと思ったら、一人ひとりからのビデオメッセージだった。 次男…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

卒業アルバム(6/15)

先日、次男が久しぶりに小学校へ行って、卒業アルバムを受け取ってきた。 今日見せてもらうと、取り上げてもらった次男の写真はほぼ全てが満面の笑顔。 楽しい6年間を過ごせたということだろう。 アルバムの後半は、卒業文集も兼ねていて、みんな小学校生活の思い出や将来の夢などについて書いている。 次男のタイトルは「自分が目指すもの」。 卒…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

闘魂Tシャツ(6/13)

次男が入部した中学校のバレーボール部。 1年生の保護者にも応援のためのTシャツ購入の話が来ているらしい。 その名も「闘魂Tシャツ」! 先日、逗子の中学校へ応援に行った時に2、3年生の保護者はすでに着ていて、私も欲しいと思っていた。 妻から購入の有無を確認するLINEが来たので、もちろん「ほしい!」と返信。 これからは応援に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鎌倉会(6/9)

以前仕事でお世話になった方々と毎年この時期に鎌倉で集まることが続いている。 いつも行うことはだいたい決まっていて、「しらすを食べること」と「あじさいを見ること」。 わざわざ私の地元まで足を運んでいただくので、毎年行く店や場所は私が決めて案内している。 しらすのほうは、今年は「しらすや」(http://www.ne.jp/asahi…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初めての高校文化祭(6/8)

長男が通う高校のいわゆる文化祭に妻と行ってきた。 今年が最後になるので、私も一度ぐらいは見ておこうと思ったのだ。 1年生から3年生まで各クラスが趣向を凝らした出店をしているが、大別すると飲食系かお化け屋敷系の2パターン。 長男たちは、ご覧のようなやきとり屋をやっていた。 食券を持って行ってみると、何と長蛇の列。 昼…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

戸狩旅行(6/6)

地元の中学校恒例の2泊3日の自然体験学習。 中3のこの時期に毎年行われていて、長女、長男に続き、今年は次女が行ってきた。 場所もいつも同じで、長野県は戸狩。 今日戻ってきた次女から、ご覧の写真が家族LINEに投稿されていた。 写真とともに送られてきたメッセージでは、「とっても充実した3日間!さいこうでした!!」とのこと。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

山形へ異動(6/5)

7月1日付で山形へ異動することになった。 鹿児島に赴任して3年4ヶ月あまり…そろそろかなとは思っていたが、ついにこの時が来た。 妻にLINEで知らせると、「!」というビックリマークの後に、「いい所だねー」という返信。 表情や声で私の気持ちを察することができないので、とりあえずは肯定的なメッセージを送ってくれたのだろう。 山形は仕…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

初観戦(6/1)

約3週間ぶりに自宅へ帰省。 今日は次男たちのバレーボールの試合を初めて観に行ってきた。 神奈川県中学校バレーボール選手権大会という公式戦。 県内の114校が、初日の今日は8つの学校に分かれ、ベスト8をかけて争う。 わが校は、昨年秋に県ベスト16、今年春に湘南地区優勝の実績を評価され、集まった15校の中ではシード校。 そんなチー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

5分後未来計画(5/29)

中学校入学して、まもなく2ヶ月が経つ次男。 今日は、野外体験学習で相模湖プレジャーフォレストへ行ってきたらしい。 「5分後未来計画」? 飯盒炊さんでカレーを作って、オリエンテーリングをすると聞いていたが、そのしおりにしては、やや似つかわしくないタイトルだ。 中を見せてもらうと、「常に5分後の事を考えて行動しよう!」という意味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懐かしのオモチャたち(5/27)

わが家に山のように残っているオモチャたち。 わが子たちが幼い頃遊んでいたものだ。 最近妻がそれを処分しようと動き始めた。 ただ、こうした思い出の品を処分する時の鉄板あるあるだが、懐かしさで手が止まってすぐに捨てることはできない。 ましてやわが子のオモチャなので、本人たちにも見せたくなってしまうらしい。 ところが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more