温泉(4/4)

今日わが家の女性3人組は、近くにある温泉へ行ってきたらしい。


https://www.inamuragasaki-onsen.jp/


この地に住んで10年以上経つのに、実は私も行ったことがない。


その主な理由は、この温泉が13歳未満の子が入館できないことつい最近まで家族で行こうにも叶わなかったのだ。


16C7CB0E-AF8F-408A-A9E4-A8E70B8CB389.jpeg

妻からこんなLINEをもらって、あらためてホームページを見ると、こんな記載が。


『泉質は、炭酸水素塩冷鉱泉。殺菌効果の高い松の有機質成分を含む「モール泉」と呼ばれるもので、平成前期までは世界で2か所しか確認されていなかった貴重な温泉資源のひとつです。太古の時代、この地にはたくさんの松林が広がっていました。それらが長い年月を経て、温泉の源泉になったのだそうです。注目すべきはその泉質。稲村ヶ崎温泉が含有する炭酸水素イオンやメタケイ酸の濃度の高さには、専門家も舌を巻くほど。温泉法に定める基準値を大きく超える炭酸水素イオンは1077mg/kg、炭酸イオンは16.6 mg/kg、メタケイ酸イオンは2.24 mg/kg20155月調査 神奈川県温泉地学研究所)となっており、世界的にもダントツの濃度を誇っています。』


何だか凄いんだと、初めて知った。


また、妻が黒いと言うのは、「砂鉄」のせいらしい。


稲村ヶ崎海岸の砂浜は、周辺の砂浜と違って少し黒く、これは砂鉄が多く含まれているとのこと。


砂浜では、砂鉄だけでなく、現在でも砂金が見つかることがあり、稲村ヶ崎温泉にも砂金が混じっていることがあるという。


黒く見える湯色は、実際には褐色がかった黄金色で、「黄金の湯」とも言われているそうだ。


ともあれ、女性3人でサッパリ、スッキリできたなら、何よりだ。


 風呂に入って 肩まで浸かって

全部綺麗になるのがいい

風呂はじゃぶじゃぶ 地球のめぐみよ

癒やしのちからが あふれ出す


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント