おとこの単身赴任

アクセスカウンタ

zoom RSS 代引き詐欺騒動(8/7)

<<   作成日時 : 2018/08/14 09:46   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

今朝、長男からこんな内容のLINEが届いた。

「楽天の人から電話があって、代引きでCDか?DVDか?が〇〇(次女の名)宛に届くらしいんだけど心当たりある?」

心当たりがないことを伝え、一人でいるのかと思いお金はあるのかと聞くと、それは妻が帰ってからなので大丈夫と返ってきて、一旦やりとりを終えた。

しかし、次女宛てのものを何故私に聞いてきたのか不思議に思い、妻や子どもが楽天で何かを頼んでいるか確認してみたが履歴はない。

今度は不審に思い、ネットを調べると、こんな記事が…

https://xn--68jubxfu34moukfjq.net/%E8%A9%90%E6%AC%BA/9/

何となく状況が似ている…

早速、長男に送り、「この可能性もあるから、お母さんに言っといて!」と伝えた。

お金だけ取られるならまだいいが、直接集金に来られ家族の身に万が一のことがあっては困るし、私自身が鹿児島にいては何の助けもできない。

そこで、その後長男には「お母さんと一緒に出てあげてね!」と送った。

妻が仕事から帰ってきたところを見計らって電話すると、業者から電話を受けたのは次男でその時は妻も家にいたこと、次女はスマホを置いて部活に行ってるが次女から何か買う話は聞いていないことなどが分かった。

そして、更に不審なことには、住所の番地が分からないと次男に尋ねてきたらしい。

怪しさが増したので、絶対お金を払わず、長男と一緒に出るよう妻にも勧めた。

その後…

結論から言えば、代引き詐欺ではなかった。

間違いなく次女が頼んだ写真集を、いつもの郵便屋さんが届けてくれたそうだ。

最初に電話に出たのが次男だったせいか、電話の主も中身も違ったよう。

次女曰く妻には頼んでいいかを確認して注文したそうだが、当の妻は全然覚えていないとのこと。

まぁ、何事もなく一件落着で良かったのだが、私があれこれ不審がって家族にそれを伝染させたことにも責任がある。

その一番の犠牲者は、長男。

妻と一緒に出るよう私から言われて、相当ドキドキしていたらしく、「おれ、刺されるかもしれないんだぞ…」と次男に不安を吐露していたらしい。

私の代わりに母親を守ろうとしてくれた気持ちは嬉しいが、何事もなかっただけにこの台詞は笑い話として永遠に家族の中で語り継がれるだろう(笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い
代引き詐欺騒動(8/7) おとこの単身赴任/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる