おとこの単身赴任

アクセスカウンタ

zoom RSS 習いごとの終わり方(1/14)

<<   作成日時 : 2017/01/21 14:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

次女の小学校生活最後のピアノ発表会が今日だった。

ピアノは幼稚園の頃から続けているので、もう7、8年やっているのだろうか…

中学に入ると場所的にも時間的にも通えそうにないので、小学校生活どころか実質最後の発表会のはずだった。

しかし、今夜妻に聞いたところ、本人が行かなかったというのだ。

今朝行きたくないという本人と妻とで一悶着あり、結局そうなった様子。

理由を聞くと、今回は最後ということもあってか先生から与えられた曲がとても難しく、全然弾けるようになっていなかったので行くのがイヤだったらしい。

妻としては、今日発表会に行って、これまでの感謝を本人から先生に伝え、きちんとした形でやめるということを考えていたみたいだが、それも叶わなかったようだ。

次女は習いごとの終わりが、いつもそんな風になってしまう。

フラダンスも、野球もそうだった。

どうしても行かなくなった後、やめるのを了承し、せめてお世話になった先生や監督に挨拶だけでもと言っても、シクシク泣くだけで頑なに拒否し続ける…

私からすると、同じ町にいてこれから顔を合わすこともある訳だし、そんな時に姿を隠したり、後ろめたい気持ちになったりはしてほしくない。

ピアノは一番長く続けてきていたから尚更そうで、やめるにしても何かしらのやり遂げた感をもって終えて欲しかった。

卒業までの間に、本人がきちんとやめることを先生に自分から伝えられるか、これが一番大事なように思う。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
習いごとの終わり方(1/14) おとこの単身赴任/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる