おとこの単身赴任

アクセスカウンタ

zoom RSS 甥っ子(9/6)

<<   作成日時 : 2016/09/17 10:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

私には甥っ子が二人いる。

兄、姉のところに一人ずつだ。

今日、その姉から嬉しい知らせが届いた。

甥っ子が司法試験に合格したというのだ。

甥っ子との思い出は20年ほど前の記憶がほとんど。

当時は私がまだ両親と暮らしていて、姉の家族が近くに住んでいたため、よくわが家に遊びに来ていたのだ。

亡くなった父は、初孫だった彼をとても可愛がり、よく自転車に乗せては彼が好きだった電車を見に連れて行っていた。

父が凄かったのは、彼がまだ喋れない頃からずっと語りかけをしていたこと。

外に連れ出し、彼が見ているもの、彼に見て欲しいものを言葉にし伝え続けていたのだ。

今更聞く術もないが、おそらく父は語りかけが大切だからと思ってやっていたわけではなく、ごく単純に彼が興味を示したり、喜んだりするのが楽しくてやっていたのではないだろうか。

彼がここまで立派に育ったのは、健康面、精神面、経済面で常に支え続けた姉夫婦であることに間違いはない。

ただ、その裏には父だったり、母だったりの無償の愛が隠されていることもまた疑いの余地がないように思う。

この知らせを聞いて、天国の父もきっと大喜びしているに違いない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
甥っ子(9/6)  おとこの単身赴任/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる