おとこの単身赴任

アクセスカウンタ

zoom RSS 最後の試合(7/2)

<<   作成日時 : 2016/07/03 16:27   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

長男にとっては中学校生活最後となる夏の大会。

その大会を前に悲劇がチームを襲った。

長男とバッテリーを組む同じ中3のエースが右ひじを疲労骨折して大会に出場できなくなってしまったのだ。

そのため数日前に2年生ピッチャーを先発にすることが決まり、今日の試合を迎えた。

その初回、キャプテンとしてもキャッチャーとしても後輩ピッチャーを支えなければならない長男がいきなり送球ミスし、それをきっかけに3点を奪われる。

さらに2回にも2点追加され、良からぬ想像ながらコールド負けも頭をよぎり始めた直後、驚異の粘りを見せる。

2年生ピッチャーが、大振りする相手チームに対し緩い球をコースに投げ分けて3、4、5回を0点に抑えたのだ。

しかし、その5回には再び悲劇が…

キャッチャーとピッチャーの間に上がったフライを捕りに行った二人が衝突、フライは長男が捕ってスリーアウトとなったものの、2年生ピッチャーが起き上がれなくなってしまったのだ。

担架で運ばれその後病院へ(大事には至らず一安心)、その間も試合は続く。

ここで奮起したのはまたもや下級生たち、それまでノーヒットだったのだが、1、2年生の連打で1点を返す。

さらには、変わって登板した1年生ピッチャーが1点は失ったものの、相手の4番バッターを空振り三振に打ちとる活躍。

1対6で最終7回裏を迎えた。

またまた後輩たちの活躍でツーアウト、ランナー1、2塁。

ここで長男に打席が回ってきた。

最後の大会…出場できなかった仲間のためにも、頑張ってくれた後輩たちのためにも「絶対打ってやる!」という気持ちで打席に入ったに違いない。

その証拠に、普段は絶対と言っていいほど手を出さないファーストストライクから打ちにいった。

結果はファール…この場面に臨む長男の意気込みが伝わってきて思わず応援の声も熱くなる。

その後明らかにボールと分かる球を見逃し、続く3球目…

https://youtu.be/eGAddoUR8NE

ゲームセット。

長男の中学校生活最後となる大会は幕を閉じた。

度重なるアクシデントの中、特に後半はチームとして持てる力を十分発揮できたのではないだろうか。

長男も目立った活躍があったわけではないが、後輩ピッチャーたちを上手にリードし、うまく持ち味を発揮させていたように思う。

試合後、一人無言で座っている長男の後ろ姿には言いようのない気持ちが滲んでいるように見えた。

最後に3年生一人ひとりから後輩たちにメッセージを送る場面。

長男は、野球を楽しむこととチームワークの大切さについて話をしていた。

顧問の先生に聞いたが、ここ1年は初心者も多いチームの中で長男もさまざまな葛藤を抱えながらチームをまとめようと頑張ってきたらしい。

その経験はきっとこれからの人生に活きてくるものと信じている。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
最後の試合(7/2) おとこの単身赴任/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる