おとこの単身赴任

アクセスカウンタ

zoom RSS 夢の続き(9/20)

<<   作成日時 : 2014/09/22 13:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

東関東吹奏楽コンクールの日がやってきた。

出番が朝早くなので、本人と妻は前日に千葉入り。

残された私たち4人は当日移動で応援に出かけた。

画像


演奏順が3番目なので、あっという間に始まった。

緊張のせいか、はたまた慣れないホテル泊で睡眠不足なのか、素人耳にも何となくミスが多く感じる。

県大会の時のような後半の盛り上がりにもやや欠け、聴き手として感情移入しづらい印象だった。

これは厳しいのかな…悲観的な気持ちが心をよぎる。

終わった後の本人たちや、コーチ、保護者の表情も複雑な感じで、私も何と声をかけたらよいか分からなかった。

結果は、夕方にならないと出ないので、私たち4人はせっかく千葉に来たならと、かねてから長男が行きたがっていた幕張メッセで開催中の宇宙博へ。

画像


その後自宅に戻り妻からの結果報告を待つも、なかなか連絡が来ない。

悪いほうには考えないようにしていても、どうしても思考はそっちに向かいがち。

もしかしたら、東日本に進めないだけでなく、銀賞や銅賞だったら…

6時半過ぎ、ようやく妻からメールが。

「GOLD金賞!でも東日本大会にはすすめませんでした。」

残念…という気持ちにもちろんなったが、最悪の事態を想定してただけに金賞だったことには良かったという安堵感も。

妻からのメールの件名も「金賞でした!」だったので同じ思いだったかもしれない。

ただ、「東日本で金賞」を目標にしていた長女たちはきっとガッカリしているだろうなぁと考えると、帰宅後どう接したらよいか少し悩む。

でも、全くの素人で始めたトランペットを必死に練習するだけでなく、副部長として部全体を支える立場でも頑張ってきたことは親としてよく知っている。

本人の気持ちに寄り添うとともに、そのことを率直に伝えるしかないなと思った。

だから、心身ともに疲れ、だいぶ泣いたのか目を腫らして夜遅く帰って来た長女にかけた言葉は、「お疲れ。残念だったな。でも、よく頑張ったよ。」ぐらいにしておいた。

落ち着いたら、彼女が描く夢の続きを聞いてみるとしよう。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
夢の続き(9/20) おとこの単身赴任/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる