おとこの単身赴任

アクセスカウンタ

zoom RSS 劇的な幕切れ(3/21)

<<   作成日時 : 2014/03/29 21:57   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


このスコアボードを見て、何かおかしいってことに気づくだろうか?

「計」の欄が実は最終結果ではなく、最後のイニングのお互いのチームがとった点数なのだ。

つまり、延長10回までやって7対6でわが鎌倉選抜Bがサヨナラ勝ちしたのだ!

今まで数多く長男の野球の試合を観てきたが、最も手に汗握る試合だったかもしれない。

同点に追いつかれた後の6回裏、長男のタイムリーで1点を勝ち越し。

画像


少年野球は通常最長でも7回までなので、ここを押さえれば勝ちというところで再び同点にされ、延長戦へ。

延長は早めに決着させることを意図して、両チームともノーアウト一塁三塁から始めるのだが、お互い決め手を欠き10回までもつれこむ。

そして、10回表についに相手チームが1点を上げ、後がなくなった。

しかし、ランナーは二塁三塁ではあるもののツーアウト。

最後のバッターの当たりは三塁ゴロで万事休すと思われた瞬間、送球がやや逸れ一塁手がボールを落とした…

その間、三塁ランナーに続き、諦めずに走っていた二塁ランナーもホームイン!

何とも劇的な幕切れでサヨナラ勝ちとなったのだ。

大喜びするわがチームの選手、監督、保護者とは対照的に意気消沈の相手チーム。

それもそうだろう、ほぼ手中にしかけた勝利を逃したのだから。

でも、これがワンプレーで同点だけでなく逆転もある野球の面白いところに違いない。

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
劇的な幕切れ(3/21) おとこの単身赴任/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる